マスターの感想

ハスカップ王子&フェアリーズの感想 【第10夜「果」】

第10夜で登場したフェアリーさん達(星野研の大学院生さん達です)からもナイトカフェの感想が寄せられておりますので、掲載致します。

■ハスカップ王子より

 今回初めてサイエンスカフェのような市民向けの発表の場でプレゼンしました。準備の段階から研究室内での発表や学会での発表との違いを感じ、いかにわかりやすく説明することが重要で、難しいかが分かりました。
 何度も資料を作り直していく過程で少しずつコツがわかり、今回の準備や発表で自分が成長することができたと思います。

 本番ではお客さんとの距離が近く、質疑応答でも積極的に意見交流ができたため、会場が一つになったような気がしました。また、質疑応答の中ではこちらが勉強になることがたくさんありいい収穫ができました。

 また、今回のサイエンスカフェを通じて、準備から本番、片付けまで多くの人に支えられていることを肌で感じ、不慣れなプレゼンもお客さんに温かく見守られおかげで成功しました。ありがとうございました。

 

■ハスカップフェアリーより

先日のサイエンスカフェは、普段は研究室に閉じこもって研究ばかりしている私にとって、ハスカップの品種育成に対する客観的な意見を聞くことができたとても貴重な時間となりました。美味しくて、なおかつプルーンくらい大きなハスカップを作れるよう、これからも研究を重ねていきたいと思います。研究内容については説明不足で分かりにくい点もあったと思いますが、会場に来てくださった方々に、ハスカップの魅力や科学の面白さが少しでもお伝えできていたら嬉しいです。会場に足を運んでくださった皆様、そして発表の準備から当日までお世話になりましたスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

■ラズベリーフェアリーより

パワーポイント作製等の発表準備は大変でしたが、自分なりに一生懸命に発表できました。スタッフの皆様、会場に来てくださったたくさんのお客様に深く感謝申し上げます。私たちの研究しているベリーたちの魅力を皆様にお伝えできていれば幸いです。これからも星野研とベリーをよろしくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第10夜 「果」)

お越し頂いた皆さまどうもありがとうございました。
皆さまのご参加がなければ、このナイトカフェは成立していませんでした。同じ時間を共有し、一緒にナイトカフェを作れたことは大きな喜びです。分かりにくいところや不案内なところが多々あったと思います。もし不明な点やご質問があればどうぞこちらにコメントください。

私がナイトカフェで行いたいことは、交流して多くの意見を交わしたいということです。今回限りでなく、あらゆる手段を通してコミュニケートしたいというのが私の希望です。

 もし何か「果」(ベリー)の研究で伝わったことがあったとすれば、フェアリーズの力です。このフェアリーズの正体は、日々研究でともに汗を流している大学院生でした!今回、限られた時間の中で3名の学生の研究内容を組み込みことは至難でした。「内容多すぎ!!」というセリフを何度聞いたことか。このパズルを解いて、きれいに並べ直し、色彩を加えてくれたのは、守さん&森さんでした。本当にありがとうございました。また、研究内容まで踏み込んで議論できたことは、学生にとっても私にとっても大きな意義があったと思います。

裏話になりますが、今回のナイトカフェはアグリビジネス創出フェアの企画に携わった私の方から持ち込んだものでした。8月に企画が持ち上がり、守さんに相談に行ったところ、わずかな逡巡ののちに、快く引き受けてくれました。後で分かったことですが、逡巡の理由は、前週までかなりハードなスケジュールが組まれていたからでした。それでもなお引き受けてくれたのは、北大・創成研での私たちの研究を理解し、またその成果を広く伝えてくれようとしていたからだと想像します。このモチベーションとアクティビティーはおそらくほかの部局ではあまりないもので、創成に誇れるものだと思います。これは私が創成に来て得た一番の財産です。 今回もナイトカフェの企画運営の要は守さんでした。お疲れ様でした。そして深謝。

 会場ではお伝えできなかったのですが、研究を進める上で多くの方にお世話になっています。その感謝をここに記させてください。 「きのとや」の長沼社長、江崎さん、異文化交流は容易ではありませんが、その中からきっと新しい価値を生み出せると思っています。今後ともよろしくお願いします。そして、成分分析でお世話になっている北海道農業企業化研究所の本西様、植物材料提供していただいた道立林業試験場の脇田様、釧路湿原自然保護官事務所の露木様、霧多布湿原センターの高井様、霧多布湿原トラストの三膳
様、きりたっぷ里の宿主様、苫東開発の古井様、勇払原野の調査でお世話になった当真様、そして農場技術職員の皆様と現地調査や収穫などたくさん力を貸してもらった学生や創成研の皆さん、特に余市果樹園までサンプリングに手伝いに来てくれた住友さんと創成研の皆さん、本当にありがとうございました。感謝。

 重ねてお礼を。今回も多くのスタッフに支えていただきました。 チラシ折りなど事前の準備(三浦様)、当日の設営、一枚一枚質問カードにもシールを貼っていただきました。受付や会場誘導、マイク回しや音量調整、記録担当、滞りなくサポートしてくれました。 守さん&森さんをはじめ、写真家の信濃さん、映像作家の神さん、 阿部さん、赤坂さん、佐藤さん、信濃研の皆さん、どうもありがとうございました。また今回の発表では紹介できなかったほかの研究室メンバーも大きな力となっています。そして、グリーンテクノバンクの皆様、特に八戸様には不手際をお詫びするとともに貴重な機会を与えて頂きましたことに深くお礼申し上げます。

 最後に。今回のナイトカフェで実物の果実や苗をお見せできないのが、本当に残念でした。やはり食べてこその果実。実りの季節に皆さんをベリー園にご案内したいと思います。いつかその日まで。

星野洋一郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第8夜)

第8夜のマスター達の感想です。
Photo_2

★7日のナイトカフェでは、多くの方に参加いただき乳のおいしさと栄養に皆さんの関心が高いことを実感しました。また、学会とちがい一般の方にわかりやすく説明することの大変さも実感しましたが、こちらはサイエンスフェアリーさんのアドバイスと上手な進行に助けられ無事すますことができたことを感謝しております。

北海道大学 創成科学共同研究機構 
明治乳業「乳の価値創造研究」寄附研究部門
矢島 高二

★今回、サイエンスカフェに参加させていただき、準備の段階から当日まで含め、貴重な経験をさせていただきました。
たくさんの方の参加をえて、休憩時間や終了後にも皆さんと意見交換することができました。時間の関係やこちらの説明・準備不足等で、参加された皆さんに十分に楽しんでいただけたのか、不安があるところですが、非常にエキサイティングな時間を過ごすことができました。
今回は、アグリビジネスフェアとの共催ということで少し早めのスタートでしたが、次回、機会がありましたら、「ナイト」なカフェにも是非参加させていただければと思っております。

また、当日はお忙しい中にもかかわらず、会場設営等でお手伝いいただきました皆様に、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

小林 国之

| | コメント (0) | トラックバック (2)

マスターの感想(第6夜)

Dscn1500
 効率や損得ばかりが重視されるご時世ですが、純粋な知的好奇心によって運営されている北大deナイトカフェは稀有な存在だと思います。客観的に見て、私の研究は普段の興味とはかけ離れた分野だと思うのですが、それでもたくさんの方々から多くのツッコミをもらえたのは貴重な体験でした(最後まで聞いていただいて有難うございました)。身近な事例から入った方が明らかに説明の効率は良いのですが、今回はたとえ話一切無しの正攻法でプログラムが組み立てられていました。何度も逃げようとしたのですが、スタッフの皆さんの熱意は安易な妥協を許してくれませんでした(一人でやってたら確実に妥協してます)。その意味で今回のお話は完全書き下ろしです。もちろん反省点は多々あるのですが、満足感の方が大きいのは時世に流されなかったからだと思います。

★マスターの研究についてもっと知りたい方は・・・

こちら↓もご参照くださいhttp://www.cris.hokudai.ac.jp/cris/sousei/main/kenkyu/trc/html/trc_toda01.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第3夜)

第3夜のマスター中垣さんの感想です。
Photo_6

市民の方と科学の話をする機会は貴重です。
自分の研究内容を紹介して知識を共有するのは立派な社会還元です。そうやって納税者の理解を求めるのも重要な活動だと思います。ですから有意義でした。

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第2夜)

第2夜のマスター星野さんの感想です。

1_2

○多層な方々に伝えるプレゼンテーションの勉強になりました。

○どのような点に皆さんの興味があるか、研究の着目点など参考になりました。

○創成のスタッフの方々との仲間意識を感じることができた。

2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第1夜)

歴代マスターの皆さんに、マスターを務めた感想をナイトカフェ終了後すぐにいただいておりましたので、ブログにも掲載したいと思います。

まずは、第1夜のマスター信濃さんの感想です。
Photo_3

 発表対象を働いている人たちの帰りがけとか、教育関連の人に置いたのはよかったと考えています。こちらが発信して、受信者があらたな発信源となってもらえればよいのかなと思っています。
 実際に発表を行ってみて思ったのは、いかに自分の研究のエッセンスを市民の方々に伝えるのが難しいのかということです。研究の内容が難しいとかいうことではなくて、何を一番知ってもらいたいのかとか、どうやったら一番知ってもらいたいことが伝わるのかとかがポイントでした。ただし、苦労のしがいもあり、きていただいた人たちから「面白かったよ」の一言がもらえると最高です。少しでも研究、科学の面白さが広がってくれれば研究者冥利につきるというものです。
 自分の研究が社会において意義が無い訳がありません。どんな研究だってその根元には社会につながっている場面が当然あるわけで、それをきちんと自分なりに発掘する作業に自分たちが慣れていないだけなのだと思います。
 今回はスタッフの人たちのサポートがしっかりしていたので、そこらへんをきちんと出来たのだと思います。逆に言えば、いきなり話したところで多分分かってもらえないのだと思います。サイエンスカフェをあなどってはいけません。しっかりとした打ち合わせ、話す内容のみならず、演出についてもちゃんとしておく必要がありました。その意味でも、スタッフの存在が重要と思います。北大が、今後このようなアウトリーチ活動を本当に重要だと位置づけるのであればぜひともこのようなサポート体制にもしっかりと力を注いでいただきたいものです。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第5夜)

3_1

 某参加者からは「爆走カフェ」と言われてしまいましたが、結局休憩なし、時間超過という、マスターとしてあるまじき劣悪サービスになってしまいました。すみません。
 予想以上にみなさんからの質問やツッコミが多く、また宿題も熱心にやってきていただいたため、質疑応答に予想以上の時間をとられてしまいました。
 しかしお客様のみなさんに熱心に聞いていただけたこと、「面白かった」と言っていただけたこと、大変ありがたく思います。よい経験になりました。フェアリー始め、スタッフの皆さんにも感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの感想(第4夜)

第4夜のマスター田中さんからのコメントを掲載いたします。

Photo_2

★ ★ ★ ★ ★
初めての経験で、久々に緊張感をもってやったのでそれなりに楽しめました。
(研究者としての)メリットは、出来るだけ素の言葉で研究を語ることを強いられること(専門用語で誤魔化せない)、又そのレスポンスを直接感じられること、だと思いました。本質的な意味でデメリットは、ありません。
ただ、自分として反省する点はあります。(それは、僕の気持ちの弱さの帰結だけど)
その場の雰囲気に流されて自分の理解のあやふやな事まではっきり断言してしまいました。
やや込み入った話になりますが、質問コーナーで、インテリア雑貨店で販売されているようなニチャと壁やガラスにくっつくシリコンゴムの類をもってこられた方に、僕ははっきり「ゲルではない」と答えました。が、あれは網目成分の他にシリコンのポリマーをふくんでいるようで(実際の材料に詳しい方に確認)、それを溶媒とみなすならゲルともいえます。
その辺をちゃんと説明するべきでした。
そもそも、僕自身は、製品化されている色々な材料についての知識は乏しいほうで、答えられないことも一杯あります。また、「ゲルか否か」という質問自体に必ずしも完全な答えがあるわけではなくて(多くの科学的概念と同様に)、その辺も率直に話せばよかったかなっ、と感じています。
★ ★ ★ ★ ★

北大 de Night Cafeに参加したことが、マスターにとっても良い経験となったようですね。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)